いくつか治療方法があります

なぜ治療する必要があるのか

包茎は生活していく上でものすごく困るということはありません。しかし治療した方がいろいろとメリットがあります。包茎とは状態によって呼び名が変わってくるのですが亀頭が完全に露出していない状態の事をいいます。これだけならば特別問題はないのですが、性生活の面では問題が出てくる場合があります。刺激に弱いのですぐに射精してしまう場合があるのです。また他人に見られたくないというコンプレックスも出てきます。他にも臭いがきつくなってしまう事もあります。

心配しなくていい場合もある

しかしすぐに悩んでしまうことはありません。人間は子供の頃はほとんどがこういった状態です。成長してくるに従って自然に皮がめくれてきます。お風呂場などで少しずつむいていく訓練をすればだんだん露出してくるようになります。この場合は仮性なので時間が解決してくれる事が多いです。ただ18歳ぐらいになっても変化が見られない時は回復の可能性はほとんどありません。この場合は病院できちんと治療をする事が最善の策です。

どんな治療法があるのか

治療法には複数の選択肢があります。手術で対応していく場合もありますし、手術なしで行える方法もあります。手術して完全に治してしまうのが最善の方法ですが、病院によっては様々な選択肢があるのでまず方向性をきちんと決める事が大事です。現在の手術は傷跡なども全くわからないぐらいにレベルが高いものになっています。1度行ってしまえば包茎による悩みは全て無くなってしまいます。性病のリスクやセックスの持続時間などの悩みもなくなります。

日本人の男性における包茎率は、7割ほどです。半分以上の男性が包茎のため、恥ずかしがる必要はありません。